2007/05/01

北京へのゴール

なんだかあっという間にかけぬけた4月。

を5月に入った今日からふりかえります。

●4月7日

友達、親戚を引き連れて、国立でなでしこ観戦。

北京オリンピックの最終予選は対ベトナム。

結果は2-0の勝利。

なんだけど、なんと!ともえちゃんが1点入れた!

すっげーーー!我々、大興奮。

気がつくと、2列前ではともえ両親が大興奮。

その後、スタジアムを出る時、

もう1人の得点者・澤さんのお母さんを発見。

一緒に観戦していたTGくんは

「今日、得点した2人のお母さん見ちゃった!

このヒトたち(母)がいなければ、すごい選手は生まれなかったんだよね。」

細かいフレーズは忘れてしまったけど、↑みたいなことを言っていた。

スバラシくピースフルな視点!

世の中のみんながこれに気づけたら、もっと幸せになるだろうにね。

★★

その後、1品300円のお財布にうれしいプロント的カフェバー?で

TG家、ぼぼちゃんと語り合う。

出会って9年目(くらい)にして知るTGくんのオモシロさ。

一度見た映画を、もう一度観た時、

一度読んだ本を、もう一度読み返した時、

の、次の領域の感動に似てますね。

知ってたつもりが知ったかぶりだったというわけ。

成長したのか、熟成したのか、変わったのか(自分も)。

わかんないけどイイかんじでした。

じゅんたまごはかなりの幸せモンだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/17

性の壁

料理研究家の枝元なほみさんと

スピリチュアルの江原啓之さん。

その区別もできなくなってきた。

そろそろメガネ替えた方が良いかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

もの思う

篠井さんとニットのセンセイの見分けがつかなくなってきた。

★★

倖田來未、お金稼いでいるのにいつも布が少なめだ。

びんぼっちゃま風着こなし術。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/23

KAT-TUN ネットワーク

やや!

いつの間にかむっちょりさんが北米に渡米している!

ついこないだバリから帰ってきたバかリだというのに。

うらやましす!

空港で福留に足留めくらわぬよう、ワタシ祈ってます~

たぶんマモちゃんと一緒だよね?

くれぐれも密輸とか持ちかけられてませんように!

★★

ジャニーズに「KAT-TUN」ていますわよね。

“カトゥーン”て名前くらいは、芸能に疎いワタシでも

さすがに知っていたけど、それが“KAT-TUN”と書くとは。

ジャニさんに限って、“cartoon”なんてストレートはありえないか。

しかも、それがメンバー6人の頭文字ってことも

今日、帰りの電車のドア上広告で知った。驚愕。

さらに、偶然か「T-T」の部分はちょっとした絵文字調。

それもジャニ、計算づく?

★★

きっとこれがベストな並びなんでしょうな。

おそらく露出度からしても、亀梨くんと赤西くんというヒトが、

人気も上位ジョーイ(©マーク・パンサーなんでしょう。

“KAT-TUN”という並びも、実は現在の人気順位を表してたりなんかして。

ならば、「亀梨」→「赤西」→(以下省略)と、妥当。

亀梨くん、一歩リード。どちらかというとワタシは赤西派だが。

もしも亀梨くんの人気が最下位に転落し、最下位だと思っていた

中丸くんが一気に躍り出たとしたら!

“NAT-TUK” 読みは“ナットク”。なんとなくマヌケだ。

「ガッテンいただけましたでしょうか?」と、志の輔に紹介されそうだ。

他にも考えようと思ったが、

アナグラムは苦手なので今日はこれまで。

なんかおもしろいの思いついたら教えてガリレオ。

タッキーもいろいろ大変みたいだし

頑張り時だね、どーぞー(ドコモCM調にね)。

★★

詳細を調べてみた。(Wikipedia参照

「メンバーの名字の頭文字である「K・A・T・T・U・N」の順となっている。

また「カートゥーン」(cartoon、漫画)漫画のように面白くて

続きが気になるグループと「勝つ運」という意味もある。

「KAT」と「TUN」の間にある「-」(ハイフン)は「ファンの皆様」を表す。」

…頭文字というのは当たっていたが、それ以外は何から何までハズレ。

絵文字も見当違い。そして驚愕の連続。

“ファンの皆様”とは、思いも寄りませぬでした。あっぱれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)