実験映画を観る会 vol.6 宮崎淳特集上映

Img_20231114231011

実験映画を観る会 vol.6
宮崎淳作品特集上映

■日時
2023年11月26日(日) 15:00より上映

■場所
小金井市中町天神前集会所
〒184-0012 東京都小金井市中町1丁目7-7
武蔵小金井駅南口から徒歩約14分
Google Map

■参加申し込み
参加は予約制です。予約フォームにご記入ください。

予約フォーム

■参加資料代
千円(当日現金でお支払い下さい)

■スケジュール

14:45 開場
15:00 〜 17:00 上映と解説
17:00 〜 17:15 休憩
17:15 〜 17:45 トーク(宮崎淳・石川亮)& 質疑応答

実験映画を観る会は、フィルムで制作された実験映画をフィルムで
上映することをコンセプトに、これまで5回行ってきた。第6回目は、映像作家宮崎淳作品の特集上映。16mmフィルムでの上映と作家による解説、石川亮とのトーク&質疑応答が予定されている。
上映作品の詳細なども研究会Facebook、Twitterにアップ予定

■宮崎淳作品解説 上映作品(計106分 上映順)


『降水確率』 1994年/16mm/カラー/10分/サイレン

この時期数年にわたって、多重露光のテクニックを使って作品を作り続けていた。大雑把なテーマと構成だけを決めて、そこに当てはまる被写体(あるいは光景)に出会いそうな場所をウロウロと歩く。うまく行く時もあれば、空振りの時もある。いずれにせよ、こうした撮影スタイルは天気に大きく左右される。そのこと自体をテーマとして、『降水確率』と名付けた作品である。

『RAPID FIRE』 1996年/16mm/カラー/11分(別音源による
サウンド上映)
出演:カリノ 音楽:足立ハルキ、古谷弘毅
都市を丸ごと映像化する!と言う無謀な試みによって作られたジェットコースター・ムービー。映像の洪水が、見る者の視覚に挑みかかる。この作品も多重露光のテクニックを使って作られているが、この場合はほとんどがアドリブで、まるでフリージャズの気まぐれなセッションのようだった。と言ったらミュージシャンが怒るだろうか。

『FLIP LIGHT CRUISER』 1998年/16mm/白黒&カラー/11分/
サウンド
出演:カリノ 音楽:足立ハルキ、古谷弘毅
夜の街を進む、スチルカメラのモータードライブで捉えた白黒の視点。都市を写す、現代のフリップ・ブック(パラパラアニメ)。制作手法は、まず白黒で撮影した写真をサービス版でプリントし、カラーの16mmフィルムで一コマずつ再撮影。さらに多重露光で実際の風景を重ねて撮影した。そのため、この作品は白黒とカラーのハイブリッド映像になっている。

『BORDER LAND』 1999年/16mm/カラー/15分/サウンド

音楽:足立ハルキ、古谷弘毅、イリヤ・ラミエル
これは一万年の寿命を持った宇宙人の視点だろうか。あるいは、やがて滅びるかも知れぬ文明へのレクイエムだろうか。足立ハルキによる重厚なサウンドトラックが、SF映画をも思わせる壮大なクライマックスへと見る者を誘う。この作品は一コマずつ長時間露光(バルブ撮影)で撮影している。現在のデジタルカメラは自動で撮影できるが、この頃のカメラは一コマ一コマシャッターを押さなければならなかった。それは一種の「苦行」に近く、何かを悟ったような気分になったものだ。

『TIME SCAPE』 2001年/16mm/カラー/16分/サウンド

音楽:Four Color リレコ:佐々木雅之
誰もいない真夜中でさえ、風が吹き、雲が流れる。カメラは息を潜めて、それを見つめる。まるで地球の自転さえ、その身に感じ取ろうとするかのように。この作品は『BORDER LAND』同様、長時間露光で撮影している。ただし『BORDER LAND』がSF的世界観を狙っていたのに対して、この作品では時間の経過そのものを表現しようと試みた。

『FRONTIER(フロンティア)』 2003年/白黒/23
分/サウンド
音楽:Four Color リレコ:佐々木雅之
2004年、第57回カンヌ国際映画祭 監督週間“若い視点賞”受賞作品
白黒の映像で、ただ淡々と団地が映し出される。団地は世界中どこにでもある。これは国境を越えた我々団地世代への、言葉を超えたメッセージである。時折コマ撮りとスローモーション撮影が加わるだけで、あとはタネも仕掛けもない。かつて夢見た未来をとうに追い越してしまった今でさえ、団地はまだそこにある。だが、さすがにそろそろ再開発の時期を迎えているようだ。そしてそこが、また新たなフロンティアになっていくのだろう。

『光の庭 〜BRILLIANT GARDEN 2004〜』 2004年/16mm/カラー/20分/サウンド

淡々と、晴れた日の風景を映し出した作品。もはやコマ撮りも影を潜めた。視覚だけに限って言えば、我々の世界は“光のさざ波”に過ぎない。硬質な直射日光の反射が、我々に世界の輪郭を与えてくれる。もしかして目的は撮影ではなく、“その場に立つこと”そのものなのかも知れない。撮影とは、それを正当化する手段なのだ。

■ 宮崎 淳(みやざきじゅん)

1965年生まれ。映像作家。1988年、東京造形大学での卒業制作『Ring Android』がイメージフォーラム・フェスティバル(IFF)’88にて大賞を受賞。1990年に制作した『真空氷』IFF’91がエクスペンタル・イマジネーション賞を受賞。その後も作品の発表を続け、2004年『FRONTIER』が第57回カンヌ国際映画祭 監督週間にて「Regards Jeunes(若い視点)」賞を受賞。
1988年グラフィックデザイン事務所に入社し、印刷物のデザインと広告制作に携わる。1992年にフリーとなり、ミュージック・ビデオクリップの制作により映像業界に参入。その後CS放送局の依頼を受け、スポーツ番組やBBCドキュメンタリー番組、海外ドラマや映画専門チャンネルのプロモーション映像を演出/編集。近年は科学番組や企業VP、博物館等の大型映像の脚本/監督を手がけることが多い。

〈フィルモグラフィー〉
『Ring Android』1988年/8mm/カラー/45分
『真空氷』1990年/8mm/カラー/24分
『発生触』1992年/16mm/カラー/8分
『天演光』1993年/16mm/カラー/11分
『降水確率〜Chance of rain〜』1994年/16mm/カラー/10分
『PLASTIC TEAR』1995年/16mm/白黒/5分
『RAPID FIRE』1996年/16mm/カラー/11分
『FLIP LIGHT CRUISER』1998年/16mm/カラー/11分
『BORDER LAND』1999年/16mm/カラー/15分
『MOTIONPHOTOGRAFFITI』2000年/VTR/カラー/9分
『TIME SCAPE』2001年/16mm/カラー/16分
『A LITTLE PLANET ~小さな惑星~』2002年/白黒/7分
『FRONTIER』2003年/白黒/23分
『光の庭 〜BRILLIANT GARDEN 2004〜』2004年/16mm/カラー/20分
『A RIVERSCAPE』2018年/デジタル/白黒/93分

■石川亮
フィルムによる映像作品/インスタレーション作品などを制作。 8ミリフィルム作品上映企画「! 8 - exclamation 8」や、自家現像ワークショップを企画運営している。 映像作家集団Spice films主宰。 Twitter

■主催
日本映像学会 アナログメディア研究会  Twitter
8ミリフィルム小金井街道プロジェクト Twitter

| | コメント (0)

映像インスタレーションWS2023のおしらせ


はらっぱ祭り 映像インスタレーション&ワークショップ

8ミリフィルムで映像インスタレーションを作るワークショップです。フィルムで制作したインスタレーションを 第34回武蔵野はらっぱ祭り で上映します。


_ws2023_400k1600px


概要
第1回ワークショップ●現地下見と8ミリカメラ貸し出し
 10月1日(日)17:00~20:00
 場所:中町天神前集会所(東京都小金井市中町1丁目7)
 会場となる都立武蔵野公園のはらっぱを下見したあとで、武蔵野はらっぱ祭りと映像インスタレーションについて紹介。8ミリ撮影機材の使い方の説明と練習、貸し出しをします。

第2回ワークショップ●自家現像と試写
 10月15日(日)13:30~20:00
 場所:中町天神前集会所(東京都小金井市中町1丁目7)
 撮影したフィルムを自分の手で現像します。できたフィルムを簡易的に映写します。

第3回ワークショップ●フィルム編集
 10月29日(日)13:30~20:00
 場所:桜並集会所(東京都小金井市中町3丁目19-12 トミンハイム小金井中町1階)
 映写機、編集機材などの使い方を説明。フィルムを編集してインスタレーション(ループ映写など)の準備をします。


作品発表!●映像インスタレーション
 11月4日(土)9:00~21:00
 11月5日(日)10:00~22:00
 場所:都立武蔵野公園 くじら山周辺  映像インスタレーションは裏手の林の中で実施
 制作したインスタレーション作品を第34回武蔵野はらっぱ祭りで発表します。上映は、両日とも日が暮れる頃から20時までとなります。
※武蔵野はらっぱ祭りは雨天決行ですが、映像インスタレーションは雨天中止です。


講師:太田 曜
 1953年東京生まれ。実験映画作家。パリ第8大学で実験映画を、フランクフルトのシュテーデル美術大学でペーター・クーデルカから実験映画と料理を学ぶ。日本映像学会 アナログメディア研究会


参加費

●資料代
 1,000円
●インスタレーション代(実費)
 4,500円程度となる見込み
※撮影、編集、映写機材の貸し出し、モノクロ現像薬品、8ミリ用リール1個、白リーダーフィルム代と、発電機リース代とガソリン代などの分担費用も含みます。
●フィルム代(実費)
 4,200円 Kodakスーパー8 Tri-X 
※モノクロフィルムです。

定員:10名
※ワークショップは3回すべての参加とはらっぱ祭りでの発表が基本です。機材は貸し出しますので8ミリ未経験者でも参加できます。お持ちの機材での参加も歓迎です。
※現像だけの参加は出来ません。

 

申込み:2023年9月29日(金)までにQRコードの応募フォームよりお申込みください。

https://forms.gle/LoWD4dMwHgFqhxHH8

Qrcode_docsgooglecom  

 

問い合わせ:8mmkoganei★gmail.com 星のマークを@に入れ替えてお送りください。


共催 日本映像学会 アナログメディア研究会
主催 8mmFILM小金井街道プロジェクト

| | コメント (0)

実験映画を観る会 vol.5 のご案内

230702_flyer
実験映画を観る会 vol.5

■日時
2023年7月2日(日)15:00より上映

■会場
小金井市中町天神前集会所
東京都小金井市中町1丁目7-7
JR武蔵小金井駅南口から徒歩約14分
Google Map

参加は予約制です。下記予約フォームにご記入ください。
申し込みフォーム

参加資料代 1,000円(当日現金でお支払い下さい)

スケジュール
14:45 開場
15:00 〜17:30 上映 解説

実験映画を観る会は、フィルムで制作された実験映画をフィルムで上映することをコンセプトに、これまで4回行ってきた。第5回目は、ニューヨークからアメリカなどの実験映画作品のプログラム「ジ・オブザーバー」を持って西川智也氏が来場。西川智也氏キュレーション16mmフィルムでの上映と西川智也氏の解説、レクチャーが予定されている。

プログラムタイトル:ジ・オブザーバー
映像芸術の特徴のひとつとして、実体験やイベントを観察者にそのまま体験させることはできませんが、記録した映像やサウンドを編集することにより、その体験やイベントを違った形で表現することができます。「観察する人」と題したこのプログラムでは、映画編集という手法に注目し、編集された作品を観客がどのように体験するのか、ということを考えながら作品を選びました。(西川智也)

上映予定映画
● Passage Upon the Plume (Fern Silva, black and white, silent, 7 min, 2011)
パッセージ・オン・ザ・プルーム(ファーン・シルヴァ、7分、サイレント、2011年)

● 3 Films for Untitled (Stom Sogo, 16mm, color, silent, 9 min, 1995)
無題のための3作品(ストム・ソゴウ、9分、サイレント、1995年)

● More Than Meets The Eye (Hollis Frampton, 16mm, color, silent, 7.5 min, 1979)

モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ(ホリス・フランプトン、7.5分、サイレント、1979年)

● Something to Touch that is not Corruption or Ashes or Dust (Mike Stoltz, 16mm, color, sound, 7 min., 2020)

腐敗や灰や塵ではない、触れるべきもの(マイク・ストルツ、7分、サウンド、2020年)

● Interieur Interiors: To A. K. (Vincent Grenier, 16mm, black and white, silent, 15 min, 1978)

インテリア・インテリア:A.K.さんへ(ヴァンサン・グルニエ、15分、サイレント、1978年)

● The Wonder Ring (Stan Brakhage, 16mm, color, silent, 4 min, 1955)

ワンダー・リング(スタン・ブラッケージ、4分、サイレント、1955年)

西川智也

映像作家/キュレーター。2003 年より映像作品を発表し、2007 年から映像キュレーターとして活動を始める。クアラルンプール実験映画音楽祭、アメリカ学生実験映画祭、トランジェント・ヴィジョンズ映像祭の設立メンバー。現在、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校映画学部の学部長を務める。

主催:

日本映像学会 アナログメディア研究会
Twitter
8ミリフィルム小金井街道プロジェクト
Twitter

| | コメント (0)

実験映画を観る会 vol.4 のご案内

346955348_934533497885185_19963154662001

実験映画を観る会 vol.4

実験映画を観る会は、フィルムで制作された実験映画をフィルムで上映することをコンセプトに、これまで3回行ってきた。第4回目は、フィルムとデジタルを縦横に行き来する作品を制作する川口肇、芹沢洋一郎映画の上映。フィルム作品はもちろんフィルムで、デジタル作品やフィルムとのミックス作品はそれぞれオリジナルのメディアで上映し、改めて映画にとってフィルムとは何かを考える。

■日時
2023年5月28日(日)13:00より上映

■会場
小金井市中町天神前集会所
東京都小金井市中町1丁目7-7
JR武蔵小金井駅南口から徒歩約14分
Google Map

参加は予約制です。下記予約フォームにご記入ください。
申し込みフォーム

参加資料代 1,000円(当日現金でお支払い下さい)

■スケジュール
12:45 開場
13:00〜15:00 上映 川口肇 プログラム
15:00〜15:10 休憩
15:10〜17:10 上映 芹沢洋一郎 プログラム
17:10〜17:20 休憩
17:20〜17:50 トーク 川口肇/芹沢洋一郎/横江れいな

■川口肇 プログラム
プロフィール:1987年より福岡で映像作品制作を始め、映像作家集団フィルムメーカーズフィールドの活動に参加。その後、山形、東京と活動の場を移す。視覚現実の模造である映像、その擬制の側面に着目し、「機械の生理」粒子/ノイズ/映写/時間等を基軸にしたフィルムおよびビデオ作品制作を続けている。

【上映作品】
川口肇映像作品集【MIRROR/RORRIM:デジタルとフィルムの鏡面反射】
フィルム5作品25分 デジタルビデオ3作品29分 ミックス上映作品2作品21分(合計10作品 75分)

1. 粒子/ノイズ
 Air(8mmフィルム/06min /1992)※サイレント作品
 Corridor (ビデオ/11min/1994)

2. 透過/積層
 消失点(デジタルビデオ/07min/2009)
 vanishing-eight(8mmフィルム/03min/2009)

3. ぶれ、滲み
 掌のオーロラ(8mmフィルム+デジタルビデオ ミックス上映/15min/2010)
 帰途・セラフの森(デジタルビデオ/11min/2010)
 Sumie(16mmフィルム/05min/2018)

4. D/Fの混交
 rack-pinion(wired-glass No.4)(16mmフィルム/05min/2017)
 MIRROR/RORRIM(16mmフィルム+デジタルビデオ ミックス上映/06min/2019)
 miniature(8mmフィルム/06min/2019)※サイレント作品

■芹沢洋一郎 プログラム
プロフィール:17歳で作った「まじかよ?」(1980)がPFF81に入選し、自主映画や実験映画の存在を知る。流血映画を数年撮り続け行き詰まるが、ロベール・ブレッソンと奥山順市から「主題と手法の一致」を学び作風を転向。80~90年代に多くの作品を発表し国内外で評価を得るが「殺人キャメラ」(1996)発表後沈黙。「サヴァイヴァル5+3」(2016)を20年ぶりに発表し活動を再開、現在に至る。

【上映作品】(上映順・計71分)
FILMは露光し焼け塗られ音を出し重ねられ光を透過するが、デジタル化できるのか?
1. 走れウサギ(8mm/03min/1991)
2. 間男(8mm/06min/1989)
3. 煮奴(デジタル/01min/2021)
4. いどうだいすき(8mm/25min/1991)
5. 殺人キャメラ(16mm/03min/1996)
6. サヴァイヴァル5+3(8mm/08min/2016)
7. サヴァイヴァル5+3【デジタル捕獲版】」(デジタル/09min/2017)
8. DIRECT LIGHT(16mm/16min/1995)

■トーク:川口肇、芹沢洋一郎、横江れいな
横江れいな:プロフィール
8ミリフィルムを偏愛する8ミリ女子。2015年に8ミリに出会い、主に8ミリにデジタルテクノロジーを掛け合わせたインスタレーションの制作活動をする。日本映像学会アナログメディア研究会所属。
https://www.yokoereina.com/

■主催:
日本映像学会 アナログメディア研究会
Twitter
8ミリフィルム小金井街道プロジェクト
Twitter

| | コメント (0)

実験映画を観る会 vol.3 のご案内

Img_20230213233203

実験映画を観る会 vol.3
2023年2月26日(日)13:00より上映開始

■タイムテーブル
12:40 開場
13:00〜14:30 プログラム1:狩野志歩 フィルム作品 8mm 16mm 56分
14:30〜14:45 休憩
14:45〜16:45 プログラム2:太田曜 海外撮影映画 プログラム 79分
16:45〜17:00 休憩
17:00〜18:00 トーク:狩野志歩、太田曜、水由章
※フィルムで制作された実験映画作品をフィルムで上映します。上映予定映画は全て16mmか8mmのフィルム作品です。

■会場
小金井市 中町天神前集会所
東京都小金井市中町1丁目7-7
JR武蔵小金井駅南口から徒歩約14分
Google Map

■入場料
1,000円(会場でお支払いください)

■[お申込み]事前登録制・定員56名(先着順)
下記フォームよりお申し込みください
申し込みフォーム

〈実験映画を観る会〉は、フィルム作品をフィルムで上映し、解説とともに鑑賞する実験映画(アンダーグラウンド映画)の入門的な上映会である。松本俊夫が1960年代前半に主宰した〈実験映画を見る会〉の意志を受け継ぎ、国内外の実験映画を紹介することを目的にしている。

今日、実験映画をフィルムで観る機会はほとんどなくなった。しかし、フィルムで制作された作品はフィルムで観ることを前提につくられており、それはDVDやインターネットで見ることことはまったく異なる体験なのだ。わたしたちは、実験映画を本来あるべき姿で上映することで、実験映画がもつ魅力を引き出したいと考えている。(西村智弘)

プログラム1:
狩野志歩 フィルム作品 8mm/16mm 56分

『浸透圧』 1997年 S-8 4分 18コマ/秒 マグネ音声
『うちへ』 1998年 S-8 5分 18コマ/秒 マグネ音声
『情景 Landscape』 1998年 S-8 13分 18コマ/秒 マグネ音声
『スチール STILL』1999年 S-8 15分 18コマ/秒 マグネ音声
『揺れる椅子 Rocking Chair』2000年 16ミリ13分 光学音声
『Lily in the Glass』2003年 16ミリ6分 光学音声

プログラム2:
太田曜 海外撮影映画 8mm/16mm 79分

日本以外で撮影された作品
『UN RELATIF HORAIRE』1980年/16mm/2分/カラー/サイレント
『UNE SUCCESSION INTERMITTENTE』1980年/16mm/2分/カラー/サイレント
『UN RELATIF HORAIRE No3』1980年/16mm/カラー/3分/サイレント
『STÄDEL』1986年/16mm/カラー/7分/サイレント
『5400 Secondes』1987年/16mm/カラー/10分/サイレント
『ANTONYM of CONCORD(E)』2005年/16mm/カラー/9分/光学音声
『PILGR IMAGE of TIME』2008年/16mm/カラー/13分/光学音声
『L'Image de la Pucelle 2』2013年/16mm/カラー/12分/光学音声
『The Militia Campany of Captain Frans Banning Cocq』 2015年/16ミリ/カラー/5分/光学音声
『Les Grands Boulevards』 2019年/16mm/モノクロ/6分/光学音声(+別だし)
『ブライドピーク(Bride Peak) チョゴリザ 花嫁の峰』2021年/8mm(24コマ/秒)/10分/音声別だし

トーク:
狩野志歩 × 太田曜 × 水由章

狩野 志歩 (かのう しほ)
武蔵野美術大学映像学科卒業。イメージフォーラム付属映像研究所21期、22期修了。1990年代後半よりフィルム、ビデオを用いた映像作品、マルチチャンネル・インスタレーション、ライブパフォーマンスを国内外の映画祭、美術館等で発表している。 http://shihokano.info/

太田 曜
1953年東京生まれ。実験映画制作、研究。パリ第8大学映画科で実験映画を、フランクフルトのシュテーデル美術大学でペーター・クーベルカから実験映画と料理を学ぶ。1982年第12回パリ青年ビエンナーレ展で上映以来国内外での上映多数。
http://www.tokyo100.com/ota/
https://www.facebook.com/yo.ota.18/

水由 章
1961年生まれ。1980年代から8mm、16mm映画フィルムで実験的映画作品を制作する。主な作品として『或る情景・都市河川』(1993)『瞬息』(1997)『水光色』(2002)『Perception』(2019)など。ミストラルジャパン代表として実験的映像作品の制作・配給・DVDリリースを行う。

問い合わせ先:
日本映像学会アナログメディア研究会
analogmediazoom@gmail.com ※@を半角に

主催:
日本映像学会アナログメディア研究会

8ミリフィルム小金井街道プロジェクト

| | コメント (0)

«「実験映画を観る会 vol.2」のご案内